ごいごい日記

海外旅行、海外ドラマ、洋画・洋楽などについての日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Montego Glover in the White Collar

またまた、ブロードウェイミュージカルで活躍していた女優さんを発見!
私がハマったもう一つのミュージカル『MEMPHIS』で主役のフェリシアを演じていた
モンテゴ・グローバーさんです。
元々ミュージカルって余り興味はなかったんですが、『MEMPHIS』はBon Joviの
キーボーディストであるDavid Bryanが音楽をプロデュースしたという事もあり、
見に行ったんですが、その音楽は勿論のこと、ダンスやCASTのみんなも素晴らしく
私をミュージカルに目覚めさせた作品です。

その中でも1番輝いていたのが、モンテゴさん。私よりも華奢な体型なのに、
とてもパワフルでソウルフルな歌声を持っていて、ファンサービスもピカ一!
ステージドアで何回かサインや写真を撮らせてもらいましたが、寒い雪の中でも
ちゃんと外に出てきてくれて、いつも笑顔で応対してくれてましたよ~
Montego Glover at the stage door

そんな彼女がWhite Collar S3のファイナルエピソードで、クレイマー捜査官の
補佐役として出ていました!ピーターの補佐役ダイアナ同様、Colored Womanです。
(Memphisの中で歌われるこの曲がまた素晴らしいので是非ご視聴下さい!)
YoutubeのMemphisのページへ
White Collarでは、名前も付いていない役でしたが、いつかレギュラーで出られるといいですね~

ゲストスターといえば、Person of Interestに、Fringeの監視人の方が出ていました!
このエピソードタイトルが"Judgement"で、White Collarは"Judgement Day"面白い偶然と一人にんまり :)
最近、私のドラマの見方が、すっかりウォーリーを探せ状態になっています(笑)
スポンサーサイト

Someone I met has appeared as a guest star in TV Drama- Haydn Gwynne & Will Chase -

AXNミステリーでOAされた Sherlock を見ていたら、懐かしい人が出ていたではないですか!
EP3の女性美術館長役のハイデン・グウェンさん。
一時期、ミュージカルの Billy Elliot にハマっていて、ブロードウェイなどによく足を運んで
ステージドアで出待ちをしていた頃、ビリーのバレエの先生役で出演していたハイデンさん、
とっても気さくな方で、ファンとも良くおしゃべりをしてくれ、私も2回ほどサインを貰ったり
拙い私の英語の質問にも丁寧に答えてくれて、彼女がブロードウェイを去ると決まった時に、
この後は何をする予定ですか?と質問をしたら、イギリスに帰ってドラマなどに出るのよって
言ってたのを思い出し、今更ながら Sherlock の出演もそのうちの一つだったんだな~と、
一人感慨にふけってしまいました(笑)
Ms Hyden with Billy Elliot

Billy Elliot の出演者でもう一人、先週の White Collar では、ストリップクラブのオーナー(犯人)役で
Will Chaseさんも出ていましたよ~彼はビリーのお兄さんを演じていて、その時は実年齢よりも
若い設定だったので、この間の役柄とのギャップがあり過ぎて、ちょっぴりショックでしたが、
生でお目にかかった事のある人が、人気ドラマに出演されるのは嬉しい限りです!
そういえば彼は、Royal Pain(救命医ハンク)にも出ていましたね~
Will in the Billy Elliot the Musical

ビリーを演じていた子達も、そのうちドラマや映画の世界に進出していくのでしょうね~
またこうして忘れた頃にお目にかかれる日を、ひそかに楽しみにしています♪

追記 : お目にかかったことはありませんが、ゲストスターといえば、今 D-Life でOA中 MISSING の
メアリー役の方って、MENTALIST のハイタワーさんじゃないですか!髪型以上にキャラが違い過ぎる役柄で
最初は全然気付きませんでした~ハイタワーのイメージが強かったから、メアリーのおとボケぶりが似合わない(笑)

Nickelback

早いもので、気付けばもう9月、夏バテ気味でしたが、暑さも少しマシになってきて一安心。
色々書きたい事もあるんですが、写真の編集と長文は余裕がないと出来ないので、涼しくなってから
という事で、今日は先日アブリルと婚約したチャド率いるバンド、ニッケルバックについて。

Avril and Chad

5年ほど前にBon Joviのオープニングアクトを務めていた彼らを見て、私はファンになりましたが、
海外でのセールス的には、Bon Jovi以上に売れていて、アリーナクラスでも余裕でソールドアウトに
してしまう位、人気があるのに、何故か日本ではなかなか知名度が上がらず、前回の来日も
新木場のスタジオコーストという、小さな会場でのライブでしたが、今回は本人達の希望で
武道館でのライブが決まりました。

しかし、12月3日の月曜日と、日も悪いし、チケット売れるのかな~と、ちょっと心配です^^;
彼らの曲は、海外ドラマや洋画のBGMなどに良く使われているし、キャッチーでメロディアスな曲が多く、
日本人ウケすると思うんですが、なんで知名度が上がらないんでしょうね・・・

確かにボーカルのチャドは一昔前までは、モサい感じで、ビジュアル的にはイマイチでしたが、
今は髪を切ってさっぱりしたし、本人はいたって気さくでいい奴です。そして彼の実のお兄ちゃんで
ベースを担当しているマイクもとっても庶民的で、バンド名であるニッケルバックと名付けたのは彼、
昔バイトしていたコンビニで5セント(ニッケル)をお釣りとして返す(バック)事が多かったそうで、
いつも「Nickel back」と言っていたから、バンド名をニッケルバックとしたそうです。

そして、ビジュアル重視な女子には、ドラムのダニエル君はイケメンだから、要注目ですよ!
facebookではいろんな写真をUPしてくれるし、彼の愛犬は秋田犬というのも高感度UPでしょ~
Daniel and his dog

本当に彼らの音楽は素晴らしいので、聞いてみて、気に入ったら是非12月の武道館のライブに
行ってみてください♪

Nickelbackのサイトへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。