ごいごい日記

海外旅行、海外ドラマ、洋画・洋楽などについての日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

121212 The Concert For Sandy Relief

気付けばもう師走、2000年以降、はじめて生Bon Joviを見ずに終わる1年です・・・
だから映像で我慢という事で、この間行われたハリケーンサンディのチャリティライブの模様から。

Bon Jovi at 121212 Concert

私にとって1番の見どころは、やっぱりBruce Springsteenとの共演♪
勿論、目当てはBon Joviでしたが、今回はボスの魅力にすっかり参りました!
還暦過ぎとはとても思えない位、若々しく、逆にジョンの方が、老けたな~と(笑)
Rick Springfieldもボスと同い年で若いと思ったけど、二人とも名前にSpringって入ってるからかしら!?
ともかく、ボスの新しいアルバムを買っていなかったので、買いに行かなきゃです。

Jon and Boss
相変わらずJONは顔がデカイ

しかし、今回のカメラマンさん、デイビッド(キーボード)を全然映してくれなかった(泣)
ティコ(ドラム)は何回かアップで撮ってくれてたのに、でびちゃんスマイルが見れなかったのが残念。
来年のツアーまでお預けです:(

The Who at 121212 Concert

次に面白かったのはThe Whoのお二人、こちらもまた還暦過ぎとは思えないほどパワフルでしたね~
特にRoger Daltreyはもうすぐ70になろうかというのに、シャツはだけて、たるみのないBodyを披露(@@)
彼らのライブは2004年のTHE ROCK ODYSSEYで1度見ただけですが、もう1度、生でBaba O’Rileyが
聴きたいと思ったのでした。

Chris M and Michael S at 121212 Concert

そしてもう一人、Chris Martinが説得して共演が叶ったという、REMのMichael Stipe。
久しぶりだったので、かなり風貌は変わっていましたが、あの独特なボイスは変わらず、
Losing My Religionはやっぱり名曲ですね。

それにしても今回のチャリティライブは、UKの御大が目立ってましたね~もう少し、US組も出て欲しかったです。

jbj and ron

最後に、JONの“ NOT RUNNING ANYMORE ”(STAND UP GUYS)が、ゴールデングローブ賞の
BEST ORIGINAL SONG – MOTION PICTURE部門にノミネートされました~おめでとう♪
しかも、Ron Rifkinさんと共演してます:)海外ドラマファンの皆さんも是非ご覧ください!
Youtube - Not Running Anymore
スポンサーサイト

Nickelback

早いもので、気付けばもう9月、夏バテ気味でしたが、暑さも少しマシになってきて一安心。
色々書きたい事もあるんですが、写真の編集と長文は余裕がないと出来ないので、涼しくなってから
という事で、今日は先日アブリルと婚約したチャド率いるバンド、ニッケルバックについて。

Avril and Chad

5年ほど前にBon Joviのオープニングアクトを務めていた彼らを見て、私はファンになりましたが、
海外でのセールス的には、Bon Jovi以上に売れていて、アリーナクラスでも余裕でソールドアウトに
してしまう位、人気があるのに、何故か日本ではなかなか知名度が上がらず、前回の来日も
新木場のスタジオコーストという、小さな会場でのライブでしたが、今回は本人達の希望で
武道館でのライブが決まりました。

しかし、12月3日の月曜日と、日も悪いし、チケット売れるのかな~と、ちょっと心配です^^;
彼らの曲は、海外ドラマや洋画のBGMなどに良く使われているし、キャッチーでメロディアスな曲が多く、
日本人ウケすると思うんですが、なんで知名度が上がらないんでしょうね・・・

確かにボーカルのチャドは一昔前までは、モサい感じで、ビジュアル的にはイマイチでしたが、
今は髪を切ってさっぱりしたし、本人はいたって気さくでいい奴です。そして彼の実のお兄ちゃんで
ベースを担当しているマイクもとっても庶民的で、バンド名であるニッケルバックと名付けたのは彼、
昔バイトしていたコンビニで5セント(ニッケル)をお釣りとして返す(バック)事が多かったそうで、
いつも「Nickel back」と言っていたから、バンド名をニッケルバックとしたそうです。

そして、ビジュアル重視な女子には、ドラムのダニエル君はイケメンだから、要注目ですよ!
facebookではいろんな写真をUPしてくれるし、彼の愛犬は秋田犬というのも高感度UPでしょ~
Daniel and his dog

本当に彼らの音楽は素晴らしいので、聞いてみて、気に入ったら是非12月の武道館のライブに
行ってみてください♪

Nickelbackのサイトへ

Blaze of Glory - Jeffster vs Jon Bon Jovi -

ザッカリー・リーヴァイが6月に来日決定という、嬉しいニュースが飛び込んできました!

ニュース記事へ

という事で、CHUCK絡みではあまり触れられていない、Jeffsterネタを。
(ザッカリーとは関係なくて、スミマセン^^;)

私は昔から大のBon Joviファンではありましたが、Jonがソロで作ったBlaze of Gloryは
当初あまり好きではありませんでした。
そもそも映画「Young Guns 2」のサントラとして作られたというのもあって、西部劇っぽい
雰囲気が馴染めなかったんです。
YoungGuns2
しばらくして、初めてアメリカでBon Joviのライブを見た時、1曲目に歌うYou Give Love a Bad Nameや、
アンコールで歌うLivin' on a Prayerが盛り上がるのはお決まりですが、その2曲に負けない位の
大盛り上がりだったBlazeを生で聞いた時、鳥肌が立つほど感動して、この曲はアメリカ人にすごく
愛されているんだな~と実感してからは、Blazeも私のお気に入りの曲の一つになりました。

と、前置きが長くなりましたが、なんとJeffsterがこの曲をカバーしているではありませんか!
しかも、PVまで作っていて、JonのPVにちゃんと似せて、Jeffはインディアンの首飾りをしたり、
レスターはJonと同じように前髪を掻きあげる仕草をしてみたりと、中々うまく仕上がっています。
PVラストはオリジナル同様、燃え上がる炎をバックに歌い、S3フィナーレのBuy More炎上のシーンと
うまくシンクロしていていましたね~
Exploding
スパドラのOAでは、歌も吹き替えになってしまっていたのが残念ですが、ビッグマイクに
「おまえの歌声は既に重罪人だ」と言われる程ですから、敢えての吹き替えだったんでしょうか?
でも、本家よりも上手く歌われちゃってもね、Jonの立場がなくなっちゃいますから、
これはこれでパロディとしては上出来ですよ♪
しかし、堅物のJon社長、彼らによく使用許可を出しましたね~意外と太っ腹(笑)

それでは、JeffsterとJonのPVを見比べてみて下さい。

Jeffster Version
Blaze of Glory by Jeffster

Blaze of Glory - Jon Bon Jovi -
Original Blaze of Glory

本家Jon Bon JoviのBlaze of Gloryも気に入られた方は、CHUCKのDVDと一緒に
是非CDも一緒にお買い求めになってみては?

CHUCK 3 DVD BOX
CHUCK3

Blaze of Glory CD
Blaze of Glory CD

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。